忍者ブログ
更新のお知らせやコメントのお返事など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

覆面作家企画5
せっかく参加させてもらっているので、推理は無理でも感想を書いてみました。
まずは相互さんがいらっしゃるGブロックを読んだのでそこを。

とりあえず全体的にレベル高っ! 
普段あまり読まないジャンルのお話も読んだのですが
食わず嫌いは良くないなぁとしみじみ思いました。面白かった…!

というわけで感想です。
推理はできてないです。感想だけ。推理も後日できたらしたいです。


G01 「黒と白の世界」
あああ裏切られてもなお主を想うカラスの心情がすごく痛々しい…。ずきずききました。
全体的に黒と白の対比がすごく鮮やかできれい。
途中ほんと心臓がキリキリしてましたが、ラストには救いを感じられたのでよかったです。


G02 「モノクローム・ガーデン」
モノクロの世界だからこそ、色の鮮やかさ、美しさが引き立つなぁ…。
土の色すら鮮やかに感じられた不思議。
最後に芽吹いた色が希望そのものですごく眩しくて暖かったです。


G03 「feel×color×disteny」
相手の機嫌が色でわかるっていいなそれ! と思ったけど
そっか、たしかに知りたくないことまで知っちゃいそうだし怖くもあるのかぁ。
しかし運命の糸が見えるってのは本当にいいな!
赤い糸だけじゃなく青や黄色もあるのね。ほんとこれ見えたらいいのに…!(笑)
面白い設定に冒頭から引き込まれて、テンポの良い文章に乗って楽しく読めました。
二人ともいいキャラ。うん、まさに運命だ! 末永くお幸せにー!


G04 「色づく君の居場所」
あーこれすっごい好きだ! 戸川さん可愛いよー。
ゲームの中でだけ明るい女の子、というのが妙にリアルで切なくてよかったです。
淳くんのさらっとした告白の仕方も素敵。
なかなかに暗い題材な気がするんですけど、
全体的に爽やかさがあって読後感は心地良かったです。
なんだか青春の息苦しさと甘酸っぱさを一緒に味わえた感じ。よかった!


G05 「君に捧ぐ青き花」
描写がとにかくきれいではっとさせられました。色鮮やか! 引き込まれる…!
だんだん二人の台詞に、おや…? となってきて、
途中で、ああやっぱりそうか! となったかと思ったら
すぐにうああああと切なさが畳みかけるようにきてもう…!(涙)
でもこれからのローランドはしっかり前を向いて歩いていけるんじゃないかな…。
希望と余韻のあるラストがよかったです。ほろり。


G06 「奏でる音色」
そっか、耳が聞こえなくても踊りで音楽と触れあえるんですね。素敵だなぁ…。
失ったものがあっても、しっかり別のものを手にし、強く生きていっている二人は
本当に似たもの同士だったんだなぁと思いました。
リアムがミアにあんなに惹かれていたのも納得。
文章もすごくお上手で、洗練されているというか、
全体的に無駄がなくて上手いなぁ…と惚れ惚れ。すごい!


G07 「HINAKO」
うわああ救われない…。しかし好きだこういうの!
狂おしいほどの想いが胸にびしびしきます。
雛子さんの想いを考えるとどうにもたまらないけども…。
成さんがちゃんと雛子さん自身を見る日はこないのかな…。
でも彼が日向子さんから離れることはなさそうな気がするなぁ…。うああ救われないよぅ。


G09 「君ありて幸福」
冒頭のやりとりにいきなり心を掴まれました! 注文とは!
白と黒しかない世界。果物も野菜もモノクロ。
色があるって素晴らしいんだなぁなんて普段は考えもしないことをしみじみ。
でも失くしたもの、見えているものがすべてではない…と。いいお話。じんわりきました。


G10 「闇夜に輝く七色の光」
自分が誰かの役に立てるってほんと嬉しいことですよね。
結花子さんの柔軟さや前向きな考え方が素敵。紗己子さんもいい人だなぁ。
というかこの作品に出てくる登場人物たちはみんなすごく穏やかで温かくて
読んでいてほんわか温かい気持ちになりました。「七色の手」という表現がいいなぁ。


G11 「the day before you came」
こちらも大事なことに改めて気づかさせてくれる、教訓を含んだいいお話。
もうほんとおばあさんの言葉がいい。じわーっと沁みます。
本当にね、こういうことって失いかけたとき初めて気づくんですよね…。
「平凡だった昨日が愛しかった」「何事もなかった今日が愛しかった」
……うん、本当に。なんだかすごくずしりときました。あとこの人の文章好き!


G12 「星降る夜と僕ら」
十年越しの約束! あああいいなぁ…! すごくときめきました。
それにしてもお題が「色」だからか、情景描写がきれいな作品が多いですね。
この作品もほんと素敵でした。星いっぱいの夜空とその下の暗い地上で光る紫色の光。
すっごく鮮やかに想像できました。
ようやく牢獄から抜け出せた二人。どうかこの先幸せになってくれますように!



----------------------

せめて燈莉さんだけは探しだすぞーと意気込んでたんですけど
どうしよう全然わからない(汗)
うーんうーんまったく自信はないですが、一応予想としてはG04で!
登場人物たちのテンポの良いやり取りとか、主人公のテンションとかが
なんとなく燈莉さんっぽいかなぁ、と。

しかし覆面がこんなにわからないものだとは思わなかったです…。
自分の駄目探偵っぷりにびっくり。
でもこのブロック、ツボな作品が多かったですし、他の方もできたら推理してみたいなぁ。
見破れる気がしないけども(汗)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/18 藤原湾]
[10/14 楽遊]
[08/10 八束]
[08/09 ななし]
[01/30 ゆき]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
えこ
性別:
非公開
バーコード
フリーエリア
QLOOKアクセス解析
ブログ内検索
お返事です。  HOME  お返事です。

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]