忍者ブログ
更新のお知らせやコメントのお返事など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

覆面が楽しすぎて日常生活に支障が出そうなえこです。
作品はもちろんのこと、皆さんの感想や推理を読むのもすごく楽しい。

Bブロックにもたくさん感想をいただけて嬉しいですー!
ついに推理も出始めてドキドキ。
個別にお返事できないのがもどかしいですけども…!
皆さん本当にありがとうございます!

今度はお隣Cブロックを読みました。相変わらずレベルたっかい…。
どの作品も中身がぎゅっと詰まっている感じで
6000字以内でこんなにお腹いっぱいになれるとはびっくりです。すごいなぁ。

というわけで感想です。
やっぱり推理は無理でしたので感想だけです。


C01 「天つ虫といとしき亡き月の王」
うわああああ嫌だああ!(泣) 虫嫌いな私にはだいぶきつかったです…ひいい。
不思議な語り口が妙に心地良くて、すっと物語の中に入っていけただけに…。
がさがさごそごその時点ですでに泣きそうになっていたのですが
ラストは想像以上で鳥肌が半端無かったです。なんか未だにぞわぞわする…!


C02 「踊り子と王様」
なんともやりきれない歯がゆさ、切なさに胸が締め付けられました。
淡々と「死」へ進む様がまた…。ラスティマがとても魅力的だっただけに
どうにかならなかったのか…なにか方法はなかったのか…とキリキリ。
でもオーガストの中でラスティマとの出会いはいつまでも色褪せない
鮮やかなものとして残るんだろうな…としんみりしました。


C03 「瓶詰め」
これ好きだー! 花火の瓶詰め、素敵すぎる…! 将ちゃんほんと天才!
もう終始ほのぼのですっごい和みましたー。かわいいかわいい!
全体的に描写がきれい。キラキラした印象。
あとなぜか「いい感じの怪獣っぷり」にやたら噴きました(笑)
どんな顔だったんだろう、畑本さん。


C04 「首長竜、旅に出る」
なにこのシュールなほんわか不思議話! これ好きだー!(2回目) 
「わたし」のほわほわ一人称がとっても心地良かったです。かっわいいなああ。
先輩のキャラも素敵。ドドメ色マイスターに盛大に噴きました(笑)
「なにもえらべないってことは、すべてえらんでるってこと」いい言葉…!


C05 「白魔道の街で」
おお、いい話…! 何回言うんだって感じですが、これも好きだー!
とにかくアーサー素敵すぎる。これは惚れるしかない。
完璧にかっこいいわけじゃないところがまたいいな…!
あああもっと彼らの話が読みたいよー!


C06 「モノクロ」
おおおアンさんかっこいい人だなー! と思ってたら
「殺さないでくださいっ!!」が不意打ちでちょっと噴いてしまった(笑)
でもそんなとこがまた魅力的。双子の別れ際の爽やかさも素敵でした。
なんともさっぱりした読後感!


C07 「色彩認証」
都市伝説のあたりで、なになにいわくつきの人形? ホラー?! と一瞬ひやり。
面白い設定でした。サイネットいいなー!
そして主人公の答えも面白い! 赤は叱責の色か。なるほど…! 
人形が前の主とどんな時間を過ごしたのか、いろいろと妄想が膨らみます。


C08 「グッバイ・ロンリー」
あーすごく上質の恋愛小説を読んだ! て気分です。
切なくなってドキドキしてきゅんきゅんして。目一杯楽しませてもらいました。
二人のやり取りのテンポがすごく心地良い。
実咲子先輩はたぶん同性にも好かれるんだろうなぁ。かっこよくて可愛くてほんと素敵。


C09 「赤い鞄」
出だしから強烈! こ、怖い…。
文章も話の運び方もすごく上手くてがっつりのめり込んでしまいました。
結局奥さんはどうして死んだんだろう。なぜ首が鞄に? 
そしてこの夫婦の関係って実際どんな感じだったんだろう。
携帯取り上げたとか結構気になる点が…。
うああ作者さんの解説を聞きたい。それかもし続編とか補足とかあれば読みたい。
この謎を残した感じがいいのかもしれませんが
とにかくもっとこの話について知りたい…!


C10 「SIKI」
あわわ冒頭からすっごいドキドキした…! なんだろうこの全体に漂う色気!
実は女の子だってわかるくだり、上手いなぁ。
もっと容赦なく苦い展開に進むかと思ったら、嬉しい予想外でした。
もう諒子ちゃんが可愛くていとおしくてたまらないです。
この先の道のりも平坦じゃないかもしれないけど、どうか幸せになってほしいな。


C11 「オレンジの君」
なにこのタイトル超かわいい! と思ったら中身もすごい可愛かった。
占いが結んだ縁ですねー。素敵。そしてお姉さんGJ!
これから歩み寄っていく(であろう)二人のお話も読んでみたいな。
きっとまた盛大にニヤニヤさせてくれるはず!

 
C12 「色とりどりの世界」
設定が面白い! そして深いなぁ…。
たしかに、ものを創るときって絶対に共有したい「誰か」がいるもんなぁ。
グレンにとっては自分の色を失ってもそれが幸せなんだよね…。なんだかつらいけど。
余韻の残る最後の一文がとてもとてもよかったです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/18 藤原湾]
[10/14 楽遊]
[08/10 八束]
[08/09 ななし]
[01/30 ゆき]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
えこ
性別:
非公開
バーコード
フリーエリア
QLOOKアクセス解析
ブログ内検索
お返事です。  HOME  お返事です。

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]